アミノ酸シャンプーの上手な使い方

アミノ酸シャンプーの上手な使い方


アミノ酸シャンプーは市販されている一般的なシャンプーと比べ洗浄成分が劣ります。
なので予洗が必要なんです。



予洗とは シャンプーをする前に38度〜40度くらいのお湯で流しながら
髪の毛の汚れを落とすことを目的としたもので決してゴシゴシこすったりはしなく
お湯を流しながら手串で髪に付いた汚れを落とすイメージです。
予洗をすることで髪の汚れの8割は落ちるとされています。残りの2割をシャンプーで落とすのです。

なので2割の汚れなら洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーで充分なんです。




一番私が言いたいのは洗浄力の強さではなく頭皮のバリアを壊さない
頭皮の状態を最高の状態にすることができる候補がアミノ酸シャンプーということです。

具体的には頭を洗う前にお湯だけで3分程度洗浄しましょう!
シャワーを流しっぱなしでお湯をすくいあげるように
汚れを落とすイメージでゆっくりお湯ですすいでください。

こうすることでシャンプーをしたときに髪にシャンプーが馴染むのです。
この工程があればアミノ酸シャンプーの弱点である洗浄成分は
カバーできます。



髪が長い人は


髪の長い女性などは頭皮を洗う前に
ブラッシングしておくと予洗が短時間で済みます。

手順として

  • ブラシで髪のよじれを治す
  • 前髪から頭皮を後ろへとマッサージするようにブラシする
  • 最後に前屈みになりながら、うなじから頭頂部に向かって流す

この工程であれば髪の長い人でもアミノ酸シャンプーがしっくりとくると思います


乾燥肌で頭皮がかゆい人のアミノ酸シャンプーの扱い方

乾燥肌の人は頭皮にかゆみがある人が多く、 かゆいのでどうしても力を入れて洗髪したくなりますがなるべく力を入れないように
心がけてください。力を入れるとどうしても爪が立ってしまい頭皮の角質層を傷つけてしまいます。
そうすると余計にかゆみを招いてしまうので洗い方も重要です。

はやり予洗うが重要になってくるでしょう!

また歳とともに頭皮の保湿力もなくなってくるのでそのことも理解しておく必要があります。

先に紹介したアロマのやさしさは天然成分の保湿効果がありますので
アトピーなどの方も安心して使えるシャンプーです